離婚のお悩みまとめ

食わしてやっている、今でもこの考えは根強くあるという事実

Post on:2016年10月14日

昔の女性はえらかったと心から思います。母が結婚した頃はそれこそ女性はありとあらゆる家事を独りでするのが当たり前、それに加えて夫の親の介護や親戚づきあいなども、黙ってやるのが当たり前だったかもしれません。

でも、今は男性だからといって家のことを何もしなくてもよいという時代ではないし、私自身も息子を家事も育児も協力できる男性に育てたいと思っています。

夫とは職場結婚だったのですが、子供が出来て私は家庭に入り、それ以来子育てと主婦業に専念しています。夫が働いて私たち家族を養ってくれているのはたしかなのですが、夫は常にそのことを口に出して言い続けます。

家庭で気に入らないことがあると怒鳴り散らし、私が少しでも反論しようものなら食わしてやっているのにふざけるなと怒鳴り、時に殴られることもあります。

こんな暴君のような夫が、母の時代ならともかく現在も普通にいる事をどれだけの人が知っているでしょう。

たしかに夫が働いてくれるおかげで私たちは生活することができるのかもしれませんが、私が家庭に入って以来、私の働きに対してただの一度も感謝の言葉や態度を示してくれたことはなく、まるで会社での鬱憤のはけ口にされているような日々に耐え切れず、今は離婚も考えています。

幼い子供を抱える身で離婚なんてすべきではないと実家からも再三言われているのですが、私のこんな状態をわかってもらうのは難しいようです。夫には勿論言っていませんが、弁護士に相談するところから始めようと思っています。

記事一覧

ページのトップへ戻る